main_visual06

世界26カ国へ

アイコットが大きな存在になった理由。

外装タイルでは日本=先進国であり、その中でもアイコットリョーワは生産販売量JAPAN メーカーNO.1です。
私たちは、真面目にタイルと向き合ってお客様に価値ある製品提供に努めています。

画像1

画像2

日本のユーザーの厳しい品質要求と、海外ユーザーからのデザイン・ニーズに応えたうえで見えてくるのはグローバル化という変化です。アイコットリョーワ製品は日本45%、中国45%のほか、香港、オーストラリア、ヨーロッパ、アメリカなどに輸出されています(2011 年4月現在)。

画像3

製品は原材料の調達コストを低く抑えることで、その分、製品に付加価値を加えることが可能となり、その結果として、ハイクオリティ、ロープライスを実現しています。

アイコットリョーワは、最適地生産の拠点と、その存在によって可能となる「グローバル化」への取り組みによって、建材タイル業界の新しいリーダーをめざしたいと考えています。

アイコットリョーワのタイルは様々な建築現場で使用されています。

画像4

画像5