180311HPインタビュー写真多治見物流柴田直紀1

柴田直紀

多治見物流センター所属

 

 

 

 

 

 

 

⑴ アイコットリョーワに入社を決めた理由を教えてください。

ホームページを拝見した際に伊藤社長のメッセージの中に「弊社はまだまだ発展途上で山に例えると5合目です。」という部分があり心に留まりました。現状でタイルの生産販売量国内メーカー1位を達成しているにも関わらずまだ5合目でたくさんのチャレンジを継続中という事で、これからどんどん会社が発展していくのではと大きな夢を感じた事がきっかけで入社を決めました。

 
⑵ 現在の仕事内容を教えてください。

多治見物流センターで物流業務に携わらせていただいており出荷メインの仕事をしています。各支店から送られてくる出荷指示書を元にフォークリフトで移動して、必要数を空のパレットに積載し送り状を張り、運送会社が来る集荷場へ運ぶというのが私が普段行っている一連の業務です。
1枚の出荷指示書に複数商品の出荷だったり、数百ケースもの大口出荷もたくさん含まれますので、綺麗に積載できるように集める順番を工夫したり、いかに効率よく商品を集めて回り1日の出荷件数を伸ばせるかを工夫したりと1日中頭を使っています。また、似たような品番、たくさんの色番、同じ商品でもロットが違うものが多々ありますので、誤出荷をしてお客様や営業の方にご迷惑をお掛けしないように日々心掛けています。

 

⑶ 入社後、成長した点を教えてください。

目に見えて分かる部分でいいますと、一日に出荷できる件数が入社当初と比較すると倍以上になりました。商品を集める回り方の組み立て方や動作の無駄の削減、フォークリフト運転技術の向上、倉庫環境改善等さまざまな要因があります。しかし、ベテランの先輩方と比べるとまだまだ少ないので追いつけるように日々努力していきます。

 
⑷ 将来の目標・夢は何ですか?
まだまだ物流業務の一部しか覚えていませんので、物流業務全般をマスターして物流課になくてはならない存在になれればと思っております。

 

⑸ 就職活動中の皆さんへメッセージをお願いします。

私がアイコットリョーワに入社して一番最初に感じたのは「チームワークが凄い」という事です。仕事はもちろん、QC活動や社内イベント等チームで進めていく事が多くあり、全員でカバーし合ったり、個々の能力を高め合いながら目標に向かっていると感じています。不安もあると思いますが是非ご入社いただき、チームワークで一緒に仕事をしましょう。